ビジネスでのモバイル端末の利用は当たり前!MDMに必要な基本的な機能などを解説

業務専用の端末を従業員に支給する場合には、盗難や紛失、私的な利用を防ぐための対策をしなくてはいけません。
離れた場所から遠隔でロックやデータの消去ができるリモート操作が搭載されていれば外部へのデータ流出を防げます。
デバイスの一括管理は任意で利用制限ができるので、業務目的以外での使用が不可となるので安心です。
MDMは機能の充実に比例する形で月額料金が高くなる仕組みになっているので、費用対効果を考慮して決める必要があります。

ビジネスでのモバイル端末の利用は当たり前!MDMに必要な基本的な機能などを解説

業務用端末が一括管理できるMDMの基本的かつ重要な機能の一つがリモート操作です。
リモート操作とは離れた場所から端末をロック、データの消去ができる機能になります。
万が一盗難や紛失などのトラブルが起きても、リモート操作でロックや消去をすれば機密データの漏洩を防げるので安心です。
端末を従業員に支給する場合には、プライベートで私的な利用ができないように対処することも必要になります。
利用制限ができるデバイスの一元管理機能もMDM選びの大事なポイントです。

MDMを導入する時には必要な機能を明確に

MDMを導入する時は、事前に必要な機能を確認してから製品を選択します。
MDMは様々な用途で使われていますが、最近はテレワークでも注目を集めています。
テレワークでは、多くの人が軽いタブレットやスマートフォンを利用します。
従業員にモバイル端末を支給する場合は、万全のセキュリティ対策が必要です。
会社の業務とは関係ないアプリをインストールすると、ウイルスに感染するリスクが高くなります。
悪質な不正ファイルをインストールしてウイルスに感染すると、業務にも悪影響を及ぼします。
MDMを導入すると、必要なアプリだけを従業員のモバイル端末に配信できます。
業務に不要なアプリは使えないため従業員の私的利用を回避でき、サイバー攻撃も未然に防ぎます。
MDMで管理するモバイル端末だけを社内のネットワークに接続すれば、会社のセキュリティを強化できます。
GPSを使えば、スマートフォンの位置情報を瞬時に確認できます。
管理者が遠隔でロックすれば、スマートフォンを紛失しても情報を守れます。

MDMを使うなら最低5つ機能が必要

モバイルデバイス管理システムの略称のMDMは、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末が多様化する今一元管理を行いセキュリ対策も講じることが出来ると多くの企業で導入されています。
働き方改革が推進され近年流行状態が続いている感染症の関係もあり、テレワークを選択する人も増えています。
様々な働き方を選択出来るようになりそれに対応する為のシステムの導入は、欠かすことは出来ず企業側としても対策は急務です。
MDMを導入するなら、最低5つの機能が必要となります。
まずはユーザーの端末管理で部署ごとのグループ管理や、個別の管理などの徹底が必要です。
次に盗難や紛失に対策する為に、必要な遠隔操作です。
重要な情報を管理する為には必須の機能で、万が一のトラブルに対するダメージを最小にする為には大切です。
それに付随するモバイル端末自体のセキュリティを上げて、データの情報漏えいに対策することも必要です。
モバイル端末のアプリケーションの一括管理は、不正使用の防止に役立ちます。
ファイルの管理や配布を一括で行えることも、モバイル端末をより効果的に活用する為に重要です。

MDMで利用者を管理する機能とは?

MDMでは端末だけではなく、利用者を管理することもできる機能があります。
一般的には端末を利用する際にはアカウントとパスワードを入力する仕組みとなっていますが、このアカウントとパスワードの組み合わせによって利用することができる機能を制限することで、これらを管理することができるのが特徴となっています。
多くの企業の中にはその社員の職種によって様々な操作を制限すると言うケースも多いため、これらを差別化する事は重要な要件となります。
しかしモバイルデバイスの場合にはこれらの管理を適切に行うことができない場合も多く、そのため権限を持たない利用者が不正にアクセスすると言うことも少なくありません。
MDMを導入することでこれらの問題を未然に防ぐことができるほか、適切なアクセス権限を管理することができるようになります。
業務の確実性を高める上でも、非常に有効なものとなっており積極的に利用できるものとなっているのが特徴です。

MDMの遠隔操作機能で紛失に対応

社員に配布した業務用モバイル端末が紛失した時にどう対応すれば良いでしょうか。
何も対策されていない端末を完全に停止できるまでに時間がかかり、不正利用によって企業機密情報が漏洩する可能性があります。
MDMの重要な機能のひとつに、遠隔操作で端末操作を利用できなくすることが可能です。
利用にあたっては、事前に端末に専用ソフトを組み込んでおく必要があります。
また、社内の管理部門担当者は、遠隔操作で停止するための仕組みの準備しておき、緊急時には迅速に停止できるように準備しておくことも重要です。
近年、MDMを実現するシステムが急速にリリースされており、どのような仕組みを導入すべきか迷うところです。
どのシステムを選定するかは、重要性とコストを総合的に判断します。
これはパソコンにウイルス対策ソフトの導入が必然になったことと同じ考えると分かり易いです。
すでに多数の端末を社員に配布している企業は、早急に対策を検討していくことが求められます。

MDMに関する情報サイト
MDMの基本

業務専用の端末を従業員に支給する場合には、盗難や紛失、私的な利用を防ぐための対策をしなくてはいけません。離れた場所から遠隔でロックやデータの消去ができるリモート操作が搭載されていれば外部へのデータ流出を防げます。デバイスの一括管理は任意で利用制限ができるので、業務目的以外での使用が不可となるので安心です。MDMは機能の充実に比例する形で月額料金が高くなる仕組みになっているので、費用対効果を考慮して決める必要があります。

Search